バギオ

2019年02月17日


バギオ研修に行く途中のバスの中。想像以上ににぎやかな先生たち。動画の中では会話の詳細はお伝えしていませんが、「なぜ太った嫁をもらうべきか」みたいな話をしていました。

その理由
1.浮気の心配がない
2.枕になる
3.サンドバッグにもなる

というような過激な話を、最近20kg程太ったSOFI先生が熱弁していました。


ohsawa2002 at 13:45

2019年02月12日



将来のパロッツ君を背負って立つ人気講師4人組がバギオ研修に行きました。まず最初の訪問地はバギオ・ライト・パーク。乗馬をしたり、民族衣装を着て写真が取れます。



乗馬のお値段
---------------------------------------------------------

IMG_20190212_094543

乗馬は30分で250ペソ(500円)。1時間で500ペソ(1000円)。1時間コースは馬に乗って山の上の方まで行けます。ガイドが付きますが、ガイドも馬に乗っていて、その馬代も1時間で500ペソ払わなくてはいけません。ここら辺は交渉次第なのでしょうけど。


民族衣装撮影のお値段
-----------------------------------------------------------
民族衣装を着ての撮影は1回1人20ペソ(40円)。でも、撮影時間が長かったりすると40ペソになります。番頭のおばちゃんがけっこうがめつく請求してきます。数十円なので日本円に換算するといくらでもないのですが、明瞭会計でもないので注意。

IMG_20190124_163615

それにしても、先生たちは民族衣装がよく似合います。パロッツ君の制服にしたらいいのに。


ohsawa2002 at 09:57

2019年01月31日

私が決めたパロッツ君四大美人のひとりであるSOFI先生。美人と思いきや皆からはアグリカルチャー・ガールと呼ばれるアウトドア派。鶏を育てる自営業を営む傍らバイクを乗り回す姿はワイルドです。性格も明るく積極的。美人ゆえのゆとりか、自分を良く見せようというところもなく、常に自然体。こんな良いことばかりに見えるSOFI先生にも欠点が。それは時間にあまり正確ではないこと。日本人にとってはこれは致命的ではありますが、フィリピンでは些細な欠点なのかもしれません。

今日の写真は『つながろうパロッツ君』のインスタグラムから3つ。全て1月24日のパロッツ君・バギオ写真撮影会の日のものです。バギオはリンガエンからは3時間程かかる場所なので、朝は彼らにとっては早めの9時集合。しかし、SOFI先生は現れませんでした。寝坊して遅刻。到着したのは9時25分。ちなみに、私が最初にSOFI先生のレッスンを予約した時も、忘れられたことがあります。時間にはあまりこだわらない先生のようです。

ということで、最初の1枚は、遅刻して到着したSOFI先生の謝罪中の写真。全身黒ずくめで登場。華やかなその他の先生たちの中で違和感満点でした。


次の写真はバギオの有名な観光地「ボタニカル・ガーデン」で。となりの羊のゆな動物の顔を真似しています。表情を真似るのがSOFI先生の特技の一つです。


最後はJOY先生と、ライト・パークで。民族衣装がとても似合っています。


以上、バギオでのSOFI先生の3選でした。遅刻などは悪気はないので、もしレッスンに遅刻などしても、おおらかに許してあげてください。


ohsawa2002 at 13:47
記事検索
公式サイトはこちら
KOUSIKI
ユーチューバーになりました!
ROGO
清き1票をお願いします
姉妹ブログはコチラ
リンガエンの歩き方ブログLOGO
FCメンバー募集中
只今準備中
ランキング1位を目指しています!
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: