パロッツ留学

2019年01月17日

IMG_1509

突然のおっちゃん5人組。昨日マニラにて。ヒーロー戦隊のようですが違います。真ん中だけが日本人。彼は当ブログ「つながろうパロッツ君」メンバーのKさん(65歳)。パロッツ留学でリンガエンに来る途中にマニラでご自身のお仕事の現地調査。建築関係なので現場に行ってきたそうで、写真を送ってくれました。高層ビルが立ち並ぶマニラを見て感動していたようです。

パロッツ留学の学生は、正確な統計はとっていないのですが、平均年齢は55歳。20代の留学生は聞いたことがありません。先日は70代の方が1人でやってきたそうです。当ブログ「つながろうパロッツ君」では、そのような方こそ理想的なパロッツ君の留学生と考えています。

もともと、私がこのブログを開設した目的は、将来のリンガエン日本人村建設に向けて仲間が欲しくて作ったものでした。遠くない定年退職後に向けて、狭くて物価の高い日本を飛び出して、少ない年金でもなんとか楽しく過ごせる地を求めていました。

そこで目を付けたのがリンガエン。治安も良く、日本からの移動も可能な範囲。そして何よりもいざというときに頼りになるパロッツ君オフィスとパロッツ君の先生たちがいる。そんなところで日本人の仲間も増やして共にゆったりと暮らす。最高の老後かなと。

という訳で、引き続きパロッツ君ファンクラブ又はリンガエン日本人クラブではメンバー募集中です。活動らしい活動はまだ無く、昨年に大阪の関西空港付近でバーベキューを行ったきりですが、メンバーが増えればいろいろ企画していきたいと思っています。関西空港BBQ大会では、パロッツ君からもスタッフや先生たちも参加してくれました。

できれば次回のオフ会はリンガエンで挙行したい!どうぞよろしくお願いします。連絡お待ちしています。


ohsawa2002 at 11:59

2018年02月07日

前回の南国の投稿「フルーツと美女の写真で夏を感じよう」のおかげで当ブログはアクセス大幅アップ。先生たちの華やかな写真が大好評。なので今回は先生たちのセクシー水着でもと思いましたが、正統な英語スクールであるパロッツ君がキャバクラか何かと誤解されそうなので、今回は少し地味な写真でまとめようと思います。パロッツ君のクッキングレッスン。出典はパロッツ君公式ブログ「What’s Your Dinner For Tonight ?

IMG_07181

まずはスーパーで買い物。買い物は伝統的なマーケットでも出来ますが、スーパーが無難。ここはCity Supermarket Inc. (CSI) Lingayen。



IMG_0731

欧米系のスーパーなので、店内はこんな感じ。基本的には何でも揃う。ここの他にもリンガエンには大きなスーパーがいくつかあるので買い物には不自由しない。ちなみに、下のフィリピンのチョコレート菓子は私がいつも購入するもの。フィリピン版のスニッカーズとでも言えばよいだろうか。1本15円くらいで激安だがとても美味しい「チョコムーチョ」。

chocomucho

IMG_0776

調理している様子。フィリピン女性は働き者なので料理は皆が得意と思っていたのだが実はそうでもない。いつもお母さんが料理担当だったりすると若い娘はインスタントラーメンくらいしか作れなかったりする。上の写真の二人は大丈夫でした。ちなみに私は子持ちのNAMI先生にオンラインレッスン上でフィリピンの伝統的な家庭料理のAdoboの作り方を教えてもらったことがある。パソコンをキッチンのレンジの上に置いて、スカイプを通して教えてもらいながら調理しました。

IMG_0797

完成した料理たち。留学生が映っているので下半分だけ掲載。

IMG_0795

美味しく頂きました。パロッツ留学では希望すればクッキングレッスンが受けられます。

------------------------------------------------
広告




ohsawa2002 at 18:36

2018年02月06日

パロッツ君公式ブログ『Summer Fruits !』より。随分古いブログ記事ですが、冬の大阪にいると、このような暖かそうな写真が嬉しい。

fruits1

パロッツ君リンガエンオフィスの前で。日本よりサングラス率が高い。パロッツ効果を発揮して、とても華やか。

fruits2
fruits4

パロッツ君の先生たちとフルーツ。カラフルできれい。フィルムが何枚あっても足りません。デジカメの時代で良かった。

fruits5
jackfruit

上のフルーツはジャックフルーツ。最初私はドリアンかと思いました。中は黄色い。よく熟れているものを食べないと甘くない。南国のフルーツにしては癖がなく食べやすい。販売価格は500gで100円くらい。
fruits8

またまたリンガエンビーチで。私はこのようなフルーツパーティーが好き。パロッツ君オフィスには2階にちょっとおしゃれなテラスがあるので、そこでスイカを片手に英会話レッスンを受けるのはいかがですか。 

ohsawa2002 at 14:13
2018年2月4日のパロッツ君公式ブログの記事『Busay Falls in Bani』。先生たちはピクニックに行ったようです。Lalaine先生、 Jade先生、Shahara先生、Grace先生、Misty先生、Gwen先生、Erick先生が参加。ちょっと気になったので詳細を調査。公式ブログの英語部分ではメトロマニラから4時間と紹介。日本語部分ではリンガエンから3時間。グーグルマップではリンガエンから2時間の場所。

Topark

実際に行くときは、先生たちと行くことになるでしょうから、私たち学生はそこまで正確な場所を把握しなくても大丈夫です。先生たちは若いので、片道?時間でも元気に遊べているようです。

Bani3

私などは片道が限界なので、ここに行ったときは現地のホテルに1泊。先生たちは先に帰宅。

20150228_151109
20150228_111135

このホテルはバニ・ナショナル・パークのものですが、フィリピンのビーチ沿いのホテルは大体こんな感じ。海があるのにプール付き。日本の格安ビジネスホテルくらいの値段で宿泊可能。

Bani5
Bani6
Bani7
リンガエンは西武時代劇の舞台セットのような街並みが楽しいので、私はわざわざ遠出しようとは思いませんが、先生たちとピクニックがしたい留学生は行ってみてください。ちなみに、この時のカメラ担当は自撮りのため顔が大きく映ってしまっている古参のLalaine先生。引率先生みたい。 


ohsawa2002 at 11:09

2018年02月02日

私のメイン講師だったMarie先生を発見(一番左)。今はどこで何をしているのやら。さて、リンガエンでは基本の海遊びをおさらい。今日の写真もパロッツ君公式ブログから再利用。 歩いて行ける距離ですが、この日はボートを持っていくので車。パロッツ君オフィスには留学生の送迎用に車がある。

32

ここがリンガエンビーチ。海の家も多数立っていて、なぜか中にカラオケが。車で1時間ほど行くとハンドレッドアイランドというフィリピンでも有数の美しいビーチがありますが、徒歩圏内ではこれくらいで我慢する。

52

天気が悪く海が荒れている場合はボートに乗りません。私ならさっさと帰って、パパドンなどのレストランでビールでも飲むところですが、フィリピン人の先生たちは楽しそうに遊んでくれる。

リンガエンビーチ

まとめると、リンガエンビーチでの遊び方は、晴れたならゴムボートに乗る。波が荒れていたら砂遊び。次回私が行くならば、日本の凧を持っていって、先生たちと凧揚げがしたい。 


ohsawa2002 at 17:16
記事検索
公式サイトはこちら
KOUSIKI
ユーチューバーになりました!
ROGO
清き1票をお願いします
姉妹ブログはコチラ
リンガエンの歩き方ブログLOGO
FCメンバー募集中
只今準備中
ランキング1位を目指しています!
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: